弁護士が入る難しい相続のケースとは

遺産問題で、何事もなく無事に財産分与が行われるケースは少ないと言います。

色々な状況により弁護士が間に入り問題を解決していくのですが、その中でも揉めるケースが多いのは相続人が多くてまとまらないケースです。

死亡した人に兄弟や子供がたくさんいる、または孫も多い場合など、全員で話し合いの機会を作ること事態が困難であり、遺産の分配などの問題解決に至らないのです。

弁護士に相する費用について調べるなら、こちらをご覧ください。

また親族に限らず、死亡した人に養子縁組を組んでいる人物がいた、愛人と子供がいたケースなどはトラブルが必須で、弁護士が先だって解決していくケースです。

交通事故の慰謝料交渉の専門サイトのこちらです。

俗に言う遺産分割協議がまとまるためには、法定相続人全員の同意が必要となるため、誰か1人でも遺産分割方針に反対する人がいる場合は話がまとまることはありません。相続人が多ければ多いほど全員の賛成を得ることは容易ではないので、問題はややこしく難しくなると想定したほうが良いでしょう。

また逆に、相続人が一人もいないケースも弁護士への相談が必要になるでしょう。

遺産の受け取りを拒否された、未婚などにより法廷相続人が一人もいないというケースも増えています。

このような場合は家庭裁判所が関わり特別に縁のある人に対して遺産の受け取りが出来るなどの指示が出る事もあります。
もし受取人が誰もいないと思われるのであれば、生前に自己財産の行方をしっかりと希望通りに行くよう、弁護士に相談したり自分の意思を確定しておく必要があります。

NAVERまとめ情報はこのサイトにおまかせ下さい。


Copyright (C) 2015 弁護士が入る難しい相続のケースとは All Rights Reserved.