ブランド品買取をしてもらうためには身分証が必要

ブランド品買取をしてもらうためには、身分証の提示が必要です。

郵送での買取の場合も、売りたいものと一緒に身分証のコピーを送る必要があります。
なぜかといえば、古物営業法で身分確認が業者に義務付けられているからです。これは、盗品が買取店に持ち込まれることを防止することや、発見された場合に誰が持ち込んだのかを速やかに把握することを目的としています。

身分証として有効なのは、公的機関が発行していて、その人の生年月日や住所などがわかる書き込みがある者です。
一番利用される機会が多いのが自動車運転免許です。

これなら、100パーセント身分証として通用します。


その他には、保険証や住民票などが対応しています。

これらの書類は、提示すると業者の方がコピーを取ります。

そのコピーは業者の方で管理するので、戻ってくることは有りません。

ブランド高価買取に関するお役立ち情報コーナーです。

このように、ブランド品買取をしてもらう際には身分証が必要になってきます。

日本経済新聞の情報が欲しい方必見です。

そのため、あらかじめ用意して、ブランド品買取を利用しましょう。



そうでないと買取をしてもらうことができません。運転免許証がない方であっても、住民票は取得できるはずです。

役所へ行けば住民票はもらうことができるため、売る前に特に身分証として通用する書類がないという場合は、取りに行ってきましょう。


具体的な詳細については、各お店で独自に厳しい基準を設けているケースもあり得ますので、利用しようと考えているお店に問い合わせて確認してください。